8sukunai

社宅は減りつつあると言われているけど社宅のある病院は少ないの?

8sukunaiもともと社宅は、企業が従業員のために用意している住居のことで、
福利厚生の一環として低価格の居住費で
暮らすことが出来るようにしてあることが多くなっています。

 

以前は建物自体も企業が用意している。
といったところもありましたが、最近ではマンションなどを借り上げ、
家賃は企業が支払、従業員からは企業負担分を差し引いた家賃を支払ってもらう。

というケースも増えています。

 

この仕組みは最近では少なくなってきていますが、
医療機関では多くの病院が採用している仕組みの一つになっているんですよ。

社宅を準備してくれている病院は、
中規模~大規模な病院に多く見られます。

 

大規模な病院の場合には、
自己所有の社宅などがある場合も多くなっています。

 

ただ、病院の社宅の場合、
その多くは女性看護師のみが利用することが出来る
独身寮といったものが多くなっています。

しかし、最近ではシングルマザーとして働く看護師なども増えているため、
子連れでも入居が出来るという寮も増えてきてはいます。

 

さらに、男性看護師の存在も増えてきているので、
男性が入居できる寮というのも若干増えてきています。

 

一般企業では減りつつある社宅制度ですが、
病院ではオンコール対応や夜勤勤務といった不規則な勤務体系があるために、
どうしても社宅の必要性が高いことが多いので、
用意している病院も多く、さらに利用者も多いんですよ。

7syataku

看護師が住める社宅も実はさまざまあるんです

 

看護師の職場として一般的な場所はやはり医療機関です。
病院を中心として、規模や診療科目など、
さまざまな種類の病院が存在しています。

その病院ごとに施設の規模なども異なりますし、
看護師のために提供されている住居の形式もさまざまです。

一般的には看護師寮と社宅などがありますが、
実はこの寮と社宅には、違いがあることがあるんですよ。

 

看護師寮の多くは独身寮で、
単身世帯が利用することになります。

個室や相部屋などさまざまなタイプがあり、
食堂や浴室、トイレなどが個別に設置されているケースや
共同になっているケースなど様々です。

 

それに対して、
社宅は家族連れの看護師が利用することが前提であることがおおく、
マンションなどを借り上げて世帯ごとに生活を送ることが出来るようになっている。
というタイプのものが多くなっているんですよ。

 

家族で暮らすために社宅を利用する看護師は少ないのでは?
と考える人もいますよね。

看護師はどうしても女性が多いというイメージが強くありますが、
最近では男性看護師の姿も多くなってきました。

 

女性看護師に比べて男性看護師の場合には、
結婚して家族を持った時には居住費を抑えるために社宅がある病院を選びたい。
と考えている方もいるんです。

また、独身の男性看護師も、
女性看護師と同様に、
寮に住むことが出来るように配慮されている事もあります。

 

最近では女性専用の看護師寮だけではなく、
男性看護師も利用することが出来るようになっている。
というところもあるんですよ。

6ii

看護師寮っていいところばかりなの?

6ii病院が用意してくれる看護師寮や社宅というものは、
基本的には病院の近くにある場合が多いので、
通勤時間をかなり短縮化させることが出来ると言われています。

 

夜勤明けの疲れた体をすぐに休ませることが出来る。

これから勤務なのに満員電車に揺られるという辛い通勤もない。
というのは嬉しいことです。

 

さらに、周りには同僚や先輩などが住んでいる。
という状況になりますので、仕事面での相談や、
プライベートでも困ったことなどがあれば、
すぐに相談の乗ってもらうことが出来るというメリットもあります。

看護師同士の悩みなどの場合には、
適切なアドバイスをもらうこともできますよ。

 

家賃もかなり低価格に抑えられるので、
本来住居費に支払う金額を確実に貯蓄に回すことも可能です。

 

もちろん、看護師寮にはメリットばかりが存在するわけではありません。

例えば、同僚や先輩が常に周りにいることは、
相談が出来る反面、
仕事とプライベートの線引きが難しいという点があります。

 

非番の日でも、プライベートを完全に楽しむことが出来る。
人の目を気にしなくて済むということはありませんよね。

また、看護師寮はある程度決められた場所に住むことになります。
自分でこの物件がいい、
この部屋がいいと選ぶことができないという点もあります。

 

看護師寮自体にはメリットが多いため、
すでに満室で空きがない場合も実際にはあるんです。

このような点を考え、
看護師寮や社宅に入寮することを検討する必要もありますよ。

5syataku

家族向けの社宅もあるって本当?

5syataku社宅には大きく分けると家族向けと単身者向けのものがあります。
病院の看護師寮の場合には、基本的には単身者向けの社宅が多くあります。

部屋は個室になっていても、
食堂や浴室、トイレなどは共同というところも多くあります。

 

また、個室ではなく
一つの部屋に数人が生活をするシェアスタイルを
とっているという社宅も存在していますよ。

逆に、ワンルームや1Kなど、
一般的な賃貸物件のような社宅も存在しています。

 

このようなタイプはプライベート重視な看護師には良いですよね。

 

間取りをもう少し増やし、生活スペースに余裕を設けて、
家族向けの社宅になっているというケースもあります。
子育て世帯などでもこのタイプであれば安心して暮らすことが出来ますよね。

ただ、看護師の家族向けの社宅があるケースは、
少ないようですよ。

 

プライベートを重視したい、
利便性が高い住居にすみたい。

と考える人には社宅はやや不便な点がありますが、
社宅に住むことには大きなメリットがあります。

 

それが、住居費が安く済むことなんです。

一般的な賃貸住宅に比べるとかなり安価な家賃で暮らすことが出来ますので、
住居に多額の費用をかける必要がないというのは、
大きなメリットと言えますよね。

 

さらに、社宅の多くは病院から近い場所にあるため、
通勤で苦労をするということがありません。

満員電車に揺られることも、
ぎゅうぎゅうのバスに乗らなければならない
ということもほとんどありません。

 

勤務明けの疲れた状態でも、
すぐに帰って休むことが出来るというのは、
とても嬉しいことですよね。

遠隔地から転居して就職するような場合には、
やはり社宅の存在はありがたいものです。

4dekinai

希望者が全員入居できるわけではない!?

4dekinai社宅付の病院に就職をする時には、
やはり社宅は通勤が楽で家賃も安いというメリットがある。
と考えている看護師は多いですよね。

体力的な問題や、経済的なメリットを考えて
社宅のある病院を選びたいと考えたときに、
まさか社宅があっても入居できないケースがある。

 

ということまで考えている人は少ないのではないでしょうか。

社宅に入居するためには
いくつかの条件があるケースがあります。

 

また、当然ですが、社宅自体に空き部屋がない場合には、
社宅に入居することが出来ません。

せっかく社宅がある病院だと思ったのに。
ということがないようにしておきたいですよね。

 

勤務を希望するにあたって、
空きがあるのかということは
しっかりとチェックしておきたいことですよね。

 

病院 社宅

社宅はある程度築年数が古いケースもあります。
中にはこんな古い建物でも大丈夫なの?
とうような社宅も存在しています。

このような点もしっかりと理解しておくこと
は重要ですよね。

 

また、社宅には同じ職場の人が住んでいる
という状態になります。

プライベートも何となく
周りに見られているような気持になる可能性もありますが、
逆に仲間が周りに沢山いるという安心感も得ることが出来ます。

 

この点は日頃からの人間関係によって大きく変わりそうですね。
実家を離れて初めて一人暮らしをするというような看護師であれば、
一人きりで暮らすという寂しさはあまり感じずに済む可能性があります。

社宅は決して交通の利便性が高い場所にあるわけではない。

とも言われていますので、実際に暮らす場合に、
不便さを感じる事もあるため、
生活面を考えてから社宅への入居を考える必要もあります。

3sennen

看護師が勤務に専念できちゃう

 

3sennen病院に看護師の為の社宅がある
というケースは比較的多くみられます。

看護師は24時間365日体制で
患者さんのケアに当たる必要があるためです。

 

不規則な勤務時間や、緊急時の対応などが必要な看護師の場合には、
通勤時間をいかに短縮させるかという点が重要になるケースも多くあります。

病院の近くに社宅を用意することで、
勤務終了後にはすぐに体を休めることが出来、
さらに通勤時間を短縮化することができるようにしているんですよ。

 

社宅は基本的には病院で働いているスタッフが入居しているので、
安心して暮らすことが出来るというメリットもあります。

中には病院内にスタッフの為の食堂があり、
社宅でも食事を提供しているというケースもあるので、
看護師は勤務に専念できる環境が整っているんです。

 

看護師の為の社宅は、
一般的な賃貸住宅を借りるのに比べると
かなりの低価格で居住することが出来ますよ。

給料から家賃を天引きという形で徴収することが多くなりますが、
社宅自体が福利厚生の一環という位置づけになっていることも多く、
家賃は非常に低価格に抑えられています。

 

独身看護師の社宅の場合には、
ワンルームや1Kといった間取りの部屋が多くなっていますが、
病院によってはもっと余裕のある間取りの社宅が用意されている事もあるようです。

社宅付の病院に勤務したいと考えている時には、
社宅に入居する為の条件や、
社宅の状態なども考えてみると良いですよね。

2deme

社宅に住むデメリットもあるってホント?

2deme社宅はメリットが高いと言われていますが、
一方でデメリットも存在しているんです。

周りに同僚や先輩が暮らしているとう状態は、
私生活の場所も仕事場の延長になりやすいんです。

 

非番でのんびりとプライベートを楽しみたいと思っても、
周りには職場の人がいるので、
何となく落ち着かない気持ちになることがあります。

 

お休みだからと友人を部屋に招待しようと思っても、
周りにはもしかしたら夜勤に備えて
就寝中の同僚や先輩がいる可能性もありますよね。

気兼ねなく騒ぐことが出来る。
ということはありません。

 

賃貸住宅で暮らすのに比べると、
自由度というものは少なく安ってしまいますよね。

また、社宅は決められた場所の住むことになります。
こんな部屋はちょっと嫌だなと思っても、
そこに住むことになるんですよ。

 

社宅は基本的に通勤の利便性が高い病院の近く。
などにありますよね。

病院自体が駅の近くや交通の利便性がある場所であれば良いのですが、
必ずしもそうとは限りません。

 

駅から遠い、バスが頻繁に来ないということは、
仕事をする上ではよくても、
休日などに出かけようと思ったときには、
とても不便と感じる事になりますよね。

また、日用品などを購入しようと思ったときに、
近所にお店がないという状況が起こると、
どうしても遠くまで買い物に行かなければなりません。

 

このような社宅の周辺環境が悪いというケースもあります。
社宅はすでに決まった場所にあるものなので、
このような点もしっかりと考えて、社宅に住むか、
賃貸物件を借りるかを考えておきましょう。

1merito

看護師が社宅に住むメリットって?

1merito病院の社宅というと、
病院からほど近いところにあるので
通勤がとても楽という嬉しいメリットがありますよね。

病棟勤務の看護師の場合には、
夜勤や時間外勤務なども非常に多い職業になりますので、
この通勤時間をいかに短くするかということは、とても重要です。

 

通勤をするのに体力を使うのはやっぱり困っちゃいますよね。

実はこの社宅、通勤面のメリット以外にもいろいろなメリットがあります。
まずは同僚や先輩が一緒に暮らすことになりますので、
仲良くなりやすいという一面もあります。

 

困った時などには頼りになる存在ですよね。

 

看護師の悩みなどは家族であっても、
なかなか理解してもらうことが出来ないケースがあります。

でも、同じ看護師同時であれば、
いろいろな悩みに共感してもらったり、
相談に乗ってもらうことが出来ますよ。

 

さらに、費用面でも社宅は安いというメリットがあります。

一般の住宅を借りる時には必須ともいえる敷金や礼金も不要ですし、
月々の家賃も安く済んでしまいます。

 

新人時代は決して給料の金額自体が高額になるわけではないので、
まずは社宅で暮らし、
その間に貯蓄をししっかりとしておくこともおすすめですよ。

ある程度仕事にも慣れ、一人でもしっかりと生活ができるようになったら、
改めて別の賃貸物件を借りるという方法も、
多くの看護師が行っている事なんですよ。

mcjhbdsg

看護師必見!社宅付の病院を選ぶポイント

仕事に専念できる環境が揃う

mcjhbdsg
 

病院では24時間介護が必要になる場合が多いですし、
勤務体系も不規則になりがちです。

そのためベッド数の多いところほど
社宅付きで看護師を募集しています。
 

勤務が終了したら即帰宅して体を休めることができるように、
院内の敷地に設置しているとか、

近くのアパートを借り上げしているという形式で、
通勤時間で体力を損なうことのないように配慮してくれています。
 

住居に困ることがありませんので、
長く勤務することができますし、社宅ですので
周囲もスタッフばかりになりますから、

知人が多く治安もよく安心して暮らすことができます。
 

食事も院内で済ませることができますし、
看護の仕事に専念できる環境が整っているといえます。

 

 

就職先の条件とチェックは重要

 

給料から天引きする形で賃料を支払いするか、
もしくは福利厚生として利用できるようになっていますが、

ほぼ無料に近い形で利用できるようになっていますので、
安心して暮らすことができます。
 

基本的にワンルームや1Kタイプの単身者向けを
利用することになりますが、病院の規模によっては
豪華な設備を備えている場合も多く、

就職先を選ぶ条件としてどんな住居を保証されているのか
チェックすることも比較の要素となります。
 

長く勤務してキャリアを積みたいと考える人や
地方出身者の就職先として最適です。

 

 

空きがあるか確認

nmcnjhdf
 

病院で働く看護師が社宅を選択することもありますが、
これは職場の近くに提供してくれる住宅のことです。

場合によっては病院から離れている場合もありますが、
多くは近くに建っているので通勤が楽だといえるでしょう。
 

働いている人で住みたいと希望した人が、
ここで住むことが可能なのです。

空きがなくて、すぐには住めないということもありますので、
自分が勤めるところはどうかを確認しておく必要もあるでしょう。
 

月々の家賃も安く設定されているので、
費用面からみても住みやすいといえるのではないでしょうか。

 

 

築年数や周辺環境のチェックを忘れずに

 

しかし、一般的な賃貸物件とは違い、
築年数がかなり古くても選択肢がないということがありますので、
そのあたりをよく理解してから決めるようにしましょう。

社宅は、同じ職場の人が多く住んでいるので、
周囲の目が気になってオフを楽しめないという場合も
あるかもしれません。
 

しかし、周囲に仲間がいることで心強いということもありますし、
相談などもしやすいということがあります。

一人で暮らすという人は、こういう環境だと
寂しくないということもあるのではないでしょうか。
 

また、住んでいる地域の交通機関がどうかということも
住む前には確認しておく必要があります。

自分の生活面も考えて、そこに住むかを決めるといいでしょう。